離婚問題の相談と解決法

離婚での弁護士費用は高すぎる!低費用で満足な解決を目指すには…

弁護士は相談と依頼の2パターンがある

離婚を意識したとき、真っ先に会うべき専門家は弁護士だ。
離婚経験者の98%は、一度は弁護士に会いに行っている。

 

弁護士に会いに行くと、まずはその時の状況について説明することになる。
そして、今後の方針を相談する。
多くの弁護士事務所では、初回相談(30~60分)は無料で対応している。

 

その初回相談後は、その弁護士に依頼をするかどうかを決める。
依頼をすれば、弁護士が何から何まで対応してくれる。
もちろん、相談だけを続けることも可能だ。

 

弁護士への相談依頼の比較

相談依頼の違いは何か。

 

相談とは、時間制でアドバイスを受けることだ。
相手との直接のやり取りは行わない。
協議や調停への同行は行わない。
あくまで、弁護士事務所や電話でアドバイスをもらうのみだ。

 

費用も高くはない。
1時間5千円~1万円ほどだ。
(決して安くはない金額だが)

 

一方、依頼とは弁護士が主体となって相手に対応してくれる。
相手との直接やり取りを行ってくれる。
離婚協議・離婚調停に同行してくれる。
あなたが有利に話を進めるためのあらゆる手助けをしてくれる。

 

弁護士に依頼さえしてしまえば、スムーズに対応してくれる。
さながら自動運転のような感覚だ。

 

だが、この時の費用はとても高い。

 

着手金で約30万円。
協議や調停へ同行で1回1~5万円。
調停になると、追加で10~20万円。
養育費や財産分与などの項目があると、追加費用発生も。
離婚成立の成功報酬が約10~30万円。
あなたが得た経済的利益の約10~20%。
※経済的利益=あなたが得る財産分与・慰謝料・養育費などの合計金額。

 

<弁護士に依頼した場合の費用例>
進捗状況費用項目費用
離婚協議着手金20~40万円
協議へ同行出張費1~3万円/回
離婚調停追加着手金10~20万円
慰謝料・親権・養育費等追加着手金各5~15万円
調停へ同行出張費1~3万円/回
離婚成立成功報酬10~30万円
条件成立成功報酬経済的利益の10~20%
合計50万~数百万円

 

この表を見てどう思うだろうか!?
長引けば長引くほど、弁護士報酬は増えていく。
あなたは、弁護士への金銭的報酬というストレスに悩むことになる。

 

離婚問題で弁護士と言うと、多くの場合は依頼をイメージする。
弁護士へ依頼すると、どんなに安く抑えても最低50万円はかかる。
同行を繰り返したり、財産分与や慰謝料が多いくなると、100万円を大きく超える。
弁護士に依頼している人は、大金を払う覚悟なのだ。

 

もちろん、その分のメリットは高い。
多くの人は、協議や調停は不安を感じるだろう。
協議や調停に同行して欲しいなら本格的な依頼をすべきだ。
(実際は、調停に来ている人の7割程は弁護士同伴だった)

 

また、相手に会いたくない場合や相手と直接連絡を取りたくない場合などもある。
その様な場合も、弁護士に依頼するのが効果的だ。

 

ただ、依頼する場合も弁護士に任せっきりはよくない。
あなたも最低限の離婚の知識を得るべきだ。

 

弁護士に任せっぱなしよりも、二人三脚の方が効果が高い。
それに、あなたが離婚の知識を十分知っていれば、どんなに多忙な弁護士も詳しいあなたには手を抜けなくなるからだ。

 

どんなに優秀な弁護士でも、全てを任せっぱなしだと、大金をかけた割に効果が薄くなるのだ。

 

一人で協議や調停に対応するのは可能だ!

弁護士に依頼しない場合は、一人で相手と話し合っていくことになる。

 

私は、別居から離婚成立まで1年4ヶ月かかった。
その間、弁護士には依頼はせず相談しかしていない。
協議2回、調停11回を自分一人で対応した。

 

私自身の経験上、離婚協議と離婚調停は一人で対応可能だ!
高い費用がかかる弁護士への依頼は、必ずしも必要ではない。

 

離婚についてしっかり調べれば、弁護士は相談だけで済ますことは可能だ。
離婚関係の法律は、あなたの想像よりもハードルは低い。
離婚協議や離婚調停では、ガチガチで細かい法律の話など無くても大丈夫だ。
自分で覚悟を持って主体的に取り組むなら、自分一人で相手とやり取り可能だ。

 

もし弁護士に依頼しない場合は、離婚についてはしっかり調べておこう。
離婚に詳しくない見なされると、不利な状況に陥ってしまう。

 

また、依頼しない場合でも相談だけはすべきだ。
相談することで、弁護士はあなたに効果的なアドバイスをしてくれる。

 

相談だけなら、1時間5千円~1万円で対応してくれる。
10時間分で5万円など、アドバイスコースのような形をとっている事務所もある。
普通の感覚なら高いと感じるが、依頼よりはトータルではかなり安く済む。
もし相談だけで済ますことができたら、10万円いないで済ますことができるだろう。依頼した場合と比べて、約50万~数百万円ものお金が節約できる。

 

実際の離婚調停でのやり取り

離婚協議や調停は、一人で対応することは可能だ。

 

だが、ここで決定的な問題がある。

 

どんなに離婚に調べても、あなたは所詮は法律の素人だ。
離婚協議や調停での実務的な判断は、現場経験のある弁護士にしか分からない。
離婚講義や調停の現場を知るには、実際の体験談が最も参考になるだろう。

 

基本的な知識は書籍で得ることができる。
ただ、離婚協議や調停の実践記録は書籍にはほとんど書かれていない。
体験談は、なかなか表には出てこない。

 

だが、ここで紹介する2つは、実際の離婚協議や調停を詳しく記した貴重な体験談だ。

 

1つは、私の離婚協議と調停の記録だ。
背景事情や会話内容、そしてその時々の心情なども全て公開してしている。
これほど忠実に離婚調停を公開しているものは無いと自負している。

ヤマトの離婚調停体験記へ>>

 

もう一つは、2万回もの離婚調停を基に、離婚調停を有利に運ぶための参考書だ。
様々なケースから得られた結果から、あなたの場合はどうすれば有利になるかが分かるだろう。

(※工事中)離婚調停参考書へ>>

 

この2つは、書籍では得られない実践的内容を理解するこの上ない資料だろう。

 

あなたは今、離婚問題の最中で大変つらい状況だと思う。
だが、少しの努力で50万~数百万円もの節約が可能なら、目を通す価値はあるのではないか!?

 

離婚問題の相談と解決法トップへ

 

-離婚問題の相談と解決法

© 2020 ヤマトの離婚調停体験記!調停の会話内容・弁護士相談・財産分与を完全公開!