離婚調停体験記

離婚調停体験記 第22話|K弁護士への相談(6回目の離婚調停に向けて)

投稿日:2019年6月11日 更新日:

妻が出ていって7ヶ月半

2か月ぶりにK弁護士を訪問しました。
そして、今までの調停の経緯を説明しました。

 

婚姻費用は、私の主張が認められて14万に着地しそうなこと。
次回からは『離婚しないという選択肢を残しながら』離婚条件について話し合うこと。

 

私にとってかなり優位に進んでいることにK弁護士は驚いていました。

 

しかし、まだまだ気は抜けません。
次回から話し合う離婚条件では、
途方もない金額が動くことになるのです。

 

K弁護士との相談内容を公開

Q1
婚姻中の貯金についてです。
私と妻は、毎月決まった金額を家庭用に拠出し、残りは自分のお金としてきました。
結婚初期まで遡って説明はできますが、全て共有財産と見なされてしまうでしょうか?

A1
婚姻中に貯めた貯金は全て共有財産と見なされるでしょう。
別居時の残高から入籍時の残高を差し引いた額が、共有財産となります。

Q2
投資用不動産の分与の割合はどのようになると考えられるでしょうか?
頭金は、私の入籍前からの貯金が半分以上で、残りを家庭用貯金や妻の資金から捻出しました。
また、経営は100%私が行っております。

A2
まず、婚姻期間中に買ったことから共有財産と見なされる可能性が高いです。
購入資金が100%ヤマト氏の特有財産と説明できればその主張は可能ですが、婚姻期間中に購入していることと入籍後の貯金が混ざっていることで、特有財産と見るのは難しいでしょう。

Q3
不動産資料を渡すと、それを元に仮差押さえをしてくる可能性はありますでしょうか?

A3
不動産自体を仮差押えするには、ヤマト氏が散財や財産隠しの可能性があることと、離婚裁判で勝訴を取れる可能性がなければ認められません。
それでも差し押さえをするには、共有財産として得られる額の3割くらいを供託として預けなければなりません。

不動産から得られる家賃を仮差押えするには、入居者の氏名などを特定する必要があります。
一軒一軒聞けばいいので、しようと思えばできますが。

現状は、ヤマト氏が売却してその資金で散財しようとしたり隠そうとしてるとは、奥さんは思ってないでしょう。
したがって、仮差押えはしないのではないか。

もし仮差押えされても、ヤマトさんが裁判で勝ったり、奥様が裁判を起こしてこなかったりしたら、こちらから仮差押え処分の取り消しを申立てすることで仮差押えを解けます。

Q4
妻は離婚条件についてどのようなスタンスで来る可能性が高いですか?

A4
奥さんは30歳代ですよね。
30歳代であれば再婚の可能性もまだ残されているので、条件がそれなりであれば早めの離婚を優先する人が多い。

50歳代以上であれば、老後の生活を考えてじっくり条件を話し合おうとする人が多い。

Q5
同居していた部屋は広いので引っ越しを考えているが問題ないか?
また、住民票住所は、私の分を変えてもいいか?

A5
ヤマトさんと同じ事情で引っ越す人は多いですよ。
これをもって同居を諦めたとはなりません。
今の部屋が広すぎて家賃が無駄なので、一人用のマンションに引っ越したと説明すれば良いのです。

住民票は、ヤマトさんだけの変更で大丈夫でしょう。
おそらく奥さんはもうすでに住民票を移してしまっている可能性が高いですよ。

Q6
引っ越しするとしたら、妻の荷物や共有で使っていたモノなどは不要です。
私の判断で捨てるのは問題となりそうですか?

A6
許可を得ずに捨てると損害賠償請求される可能性はあります。
ただし、日本の法律では時価での賠償です。

使用物にはそれぞれ耐用年数があります。
家具なら5年、衣服なら3年などです。
取得からこれらの年数を過ぎているようでしたら、賠償額はほぼ無しだと主張できるでしょう。

ただ、勝手に捨てると裁判になった際に良い印象は与えませんので、荷物を引き取るかどうか奥様に事前に連絡をした方が良いです。

 

妻が出ていってからも、ヤマトはファミリー用のマンションに一人で住んでいたのです。
いまだに妻と娘の荷物が置いてあります。
それらを見ると、まるで今も家にいるかの様な錯覚に陥ってしまいます。

 

しかし、婚姻費用を払いながら高い家賃を払い続けるのはかなりの負担です。
そのため、一人用のマンションに引っ越すことにしました。

 

仕事から帰ってきてから、自分と妻と娘の荷物をまとめる日々が始まりました。

 

妻と娘の物は、妻が家を出ていった日のままの状態でした。

妻と娘の衣服を手に取ると、
まだかすかに匂いが残っていました。

 

<<第21話へ   第23話へ>>

離婚調停体験記トップへ

 

-離婚調停体験記

Copyright© ヤマトの離婚調停体験記!調停の会話内容・弁護士相談・財産分与を完全公開! , 2020 All Rights Reserved.