離婚調停体験記

離婚調停体験記 第4話|財産資料を妻の手の届かないところへ

投稿日:2019年5月24日 更新日:

離婚に悩む男性

妻が出て行って2日目(日曜日の午後)

もし離婚するとなると、財産で揉めるだろう。
家庭用の貯金もそうだが、我が家には大きな資産がある。

私は、3年前に不動産投資を始めた。
現在、投資用不動産であるアパートを3棟所有している。
ローンは残っているものの、不動産の資産価値もそれなりに大きいだろう。

 

妻が弁護士を雇ったら、まずは全財産を確認しようとするだろう。
妻は家の鍵を持ったまま出て行った。
いつでも家の中に入ることができる。

もし貯金や不動産の資料が奪われたら大変だ。
これらは、私の手元に置いておかなければならない。
どうしたら良いか。

 

良いことを思いついた!
投資用不動産の敷地に、鍵付きの物置がある。
当分使わない資料はその物置に置いておこう。
すぐに必要になる物は会社に置いておこう。

 

思いつくと行動は早い。
旅行用スーツケースに不動産関係の書類を全て詰め込んだ。

 

さぁ、出発だ!

 

しかし、家を出た瞬間思った。
探偵を雇って、行動を把握されていたらわざわざ隠した意味がない。
妻側はそこまでするだろうか?
しかし、可能性はゼロではない。

 

もしかしたら今見られているかもしれない。
最寄駅で待ち構えているかもしれない。
駅まで歩いて行くのは危険だ。

 

どうしたら後を付けられないか。
考えろ!しっかり考えるんだ!

 

よし、思いついた!!

 

探偵を振り切る方法①

歩道から周囲を見渡すヤマト。

走っているタクシーを止める。
急いで乗り込み、2つ程隣の駅を目指す。
できるだけ他の車が通らない道を指示する。

常に後ろを見て、尾行されていないか確認。
誰も付いてきていない。

 

よし、OK!

 

タクシーを降りて電車に乗る。
目的の駅までは1時間程。停車駅は約10駅。

もう大丈夫だと思う。
しかし、まだ油断は出来ない。
念には念を入れよう!

 

探偵を振り切る方法②

目的地でない駅で敢えて電車から降りる。
そして、電車のドア沿いにホームを歩く。

電車が発車しそうになると音楽が流れる。
音楽が鳴り終わると同時に、電車に飛び乗る。

私の後から慌てて乗ってくる人がいないことを確認。

 

よし、OK!

さらに、もうひとつ!

 

探偵を振り切る方法③

目的の駅に着いてもすぐには降りない。
発車音が鳴り終わると同時に、
思いついたかのように電車を降りる。


そして、私より後から降りてくる人がいないかをホームを見渡してチェック。
(先頭か最後尾の車両で行えば、一方向のみを見るだけなので楽だ)

私の後から降りる人はいない。

 

よし、OK!

 

いつもなら1時間で着くところを、
2時間かけて投資用アパートに到着。
そして、資料が入ったスーツケースを物置に入れて鍵をかける。

 

よし。
これで一安心。

 

帰りの電車に乗ると、
叔母さんからラインが来た。
妻に送ったラインが既読になった、と。
私から妻へのラインも既読になっている。

 

少しうれしくなった。
私の気持ちが妻へ伝わったかもしれない。

 

しかし、喜んだのも束の間だった。
現実は甘くはなかった。

 

私と妻は共に、ラインの友人グループや親族グループに入っている。
妻は、それらの全てのラインのグループから脱退したのだ。
妻は、私と繋がりがある人間関係全てを絶縁しにかかっている。

 

悲しすぎて言葉が出なかった…。

 

暗い夜道

 

家の最寄駅に着くと夜9時を過ぎていた。
家までの道を歩いていると、
妻との思い出が頭に浮かんできた。

 

出会いのきっかけ。
初めてのデート。
キス。お泊り。告白。旅行。
楽しかった結婚生活。
二人にそっくりなかわいい娘。

 

笑っている妻。
怒っている妻。
そして、幸せそうな妻。

 

あたりが暗くなっていて良かった。

 

なぜかって!?

 

まわりを気にせず、
思いっきり泣けるのだから。

 

<<第3話へ   第5話へ>>

離婚調停体験記トップへ

 

-離婚調停体験記

Copyright© ヤマトの離婚調停体験記!調停の会話内容・弁護士相談・財産分与を完全公開! , 2020 All Rights Reserved.