ヤマトのプロフィール

・ヤマト
・1970年代生まれ
・会社員(不動産業)
・東京都在住
離婚経験者

≪オススメ≫
ヤマトの離婚調停体験記

※サイト内移動します

 

私の恋愛遍歴

私は、昔から異性との付き合いが得意ではありませんでした。

グループで気になる人がいても、気まずくなる懸念ばかりが先行して、一歩踏み込んだ関係に進むことができませんでした。
飲み会などで知り合った相手とその場の話を合わす事はできても、相手の奥底の気持ちを真に理解するまではできませんでした。

自分の気持ちを表現するのが苦手で、好意を抱いてもそれを相手に伝えるのがとても苦手でした。
そのため、初めて彼女ができたのは20歳を超えてからでした。

また、友達の延長として付き合うことになっても長続きしません。
やっと付き合うことになっても、一ヶ月で別れてしまうことを繰り返すばかり…。

30歳を超えても6ヶ月以上の付き合いをしたことがなく、周りよりも恋愛経験が劣っていることは明らかでした。

『結婚なんてできないのではないか…』

自分に自信を無くしていました。

そんな中、後に妻となる女性と知り合うことになったのです。

 

妻との出会い

妻とは、友人に誘われていった少人数パーティーで知り合いました。
パーティー中はあまり話す機会はありませんでしたが、思い切って翌日に電話してみました。
すると、色々話が盛り上がって1時間半も話してしまいました。

さらに翌日に電話した時も、1時間半ほど話をしました。
その翌日も1時間。そして翌日も1時間…。
しかも、(今思えば)私のしょうもない豆知識なども面白そうに聞いてくれていました。

そんな二人が付き合うことになるのに時間はかかりませんでした。

私も妻もお互い職場は都内で、電車で5駅ほどの距離でした。
お互い根は寂しがり屋なので、毎日会っていました。
会えない日は、毎晩1時間は電話していました。

今思えば、私も妻も愛に飢えていたのだと思います。
寂しがりやの二人が付き合うことで、お互い依存の関係に陥っていたと思います。
共に普通の社会人生活を送っていましたが、完全に二人きりの世界で生きていました。

付き合いが1年を超える頃には、将来一緒になることを話し始めていました。

両親への挨拶を済ませ、知り合って1年半後に入籍しました。

 

恋愛から結婚へ

入籍後の住まいは、都内の築20年ほどの賃貸マンションにしました。

週末は、よく有楽町や渋谷に出かけていました。
当時は生活が厳しかったので買い物もあまりできませんでした。

そして、入籍後3年を迎える前に妊娠が発覚し、娘が誕生しました。

とてもうれしかったことを覚えています。
これからは妻と娘と3人での生活が始まる。

もっともっと仕事を頑張らねばならない。
しかし、頑張るだけの価値がある生活をしている。

毎日が充実していました。

いたって普通の家庭でした。
仕事もうまくいかない時も、妻と娘の笑顔を見ると悩みは吹き飛びました。

この幸せがずっと続けば…。

しかし、妻が育児休暇から復帰すると、状況が一変してしまったのです。

 

別れの始まり、そして離婚へ

妻が育児休暇から仕事に復帰すると、妻の生活から余裕が無くなりました。

今までの家事・育児に加えて、仕事が加わったのです。
そして、何かあると私に八つ当たりするようになってきていました。

私は妻の状況を理解しているつもりでした。
しかし、その理解は十分でなかったと思います。

そして、忌まわしきあの事件が起こり、妻は家を出ていきました。
(事件の詳細は、≫離婚調停体験記 第1話

普通の結婚生活を送っていましたが、
些細なすれ違いが大きくなり、
喧嘩をきっかけに別居が始まりました。

私は離婚したくありませんでした。
一生共に生きていくことを誓った相手です。
全力で修復を試みました。

しかし、相手に弁護士が付いていてはどうしようもありません。
私の復縁への想いは妻に全く届くことなく、
妻側弁護士からは離婚したいとの主張が一貫して伝えられるのみでした。

混乱する私に対して、弁護士は容赦なく離婚を迫ってきます。
愛する相手が、専門家を雇って私を攻めて来るのです。

生きていることが悩ましいと思う日々が続きました。
つい数日前まで一緒に暮らしていた妻がいないのです。
毎日成長を見るのが楽しみだった娘がいないのです。

愛が憎しみに変わってしまったのか…。

昔の人々がどのような想いで『憎しみ』と言葉を造ったのか、
想いを巡らせる日々が続きました。

30歳を越えて、これほどまでに精神的に追い詰められるとは思いもしませんでした。
それほど、普通の生活と、別居生活には落差があったのです。

その様な状況なので、私には離婚するしか道は残されていませんでした。

別居から1年4ヶ月で離婚に至りました。
離婚調停を11回行ったのでかなり長引きました。

途中何度も、全てを投げ出したくなりました。
どうでもいいやという気持ちになりかけました。

それでも、
私は今現在、
こうして元気に生きています。

生きていたら楽しいことが絶対あると思っています。
辛いことが起きたのだから、次は絶対楽しいことが来るに違いありません。

私は自分なりに、離婚について心の整理を付けたつもりです。

 

サイトを開設した理由

私がサイトを開設した理由はただ一つ。

離婚に直面している人々が、

心の奥に抱えている深い悩みを、

少しでも和らげたいからです。

私も大変悩みました!
大変苦しみました!
大の大人が、何度も涙しました!

私がどのように離婚を乗り越えたのか、
その全てをこのサイトに詰め込みました。

このサイトを読んでいるあなたが、
現在心穏やかでない状態であることはとても分かります。
しかし、30分だけ時間を下さい。

私の経験したことをあなたにお伝えすることで、
離婚で悩むその心を和らげる効果はあると思います。

 

離婚に直面して今現在悩んでいる方用

当サイトの1ページ目2ページ目を読めば、必ず悩みが吹き飛びます。

≫(1ページ目)別居や離婚は、悩む必要がありません!

 

実際の離婚の現実を知りたい方用

私は、離婚調停を11回も行いました!
これを読むことで、離婚の全てが分かるはずです!

どの書籍やネットにも載っていない
離婚のリアルな現実を完全公開します!

ヤマトの離婚調停体験記

離婚調停体験記 第1話へ>>

ホームページのトップへ戻る

 

投稿日:2019年6月1日 更新日:

Copyright© ヤマトの離婚調停体験記!調停の会話内容・弁護士相談・財産分与を完全公開! , 2020 All Rights Reserved.